メインイメージ

ドラムをやっていて困っておりませんか?

ドラムをやっていて一番困るのが防音が整ってる練習環境を探す事だと思います。特にドラムは楽器の中でも一番大きく振動を伴う低音域の音がでるので、音が広がりやすく、脚でキックするバスドラムもあるので、床の振動も気を付ける必要があります。
ピアノなどの防音工事よりもさらにレベルの高い防音対策が必要になります。家でいつでも練習したいともなれば特に建物の構造、周りの環境を考慮して防音の設計をしないといけません。
最近はマンションでも防音環境が整っているところが多くなりましたが、あくまでも生活音に対してのみで楽器には対応していません。ましてドラムを自宅でドラムの練習ともなれば、ほぼ筒抜けの状態です。

防音室を設置するには、打ち合わせをしっかりしましょう。

また防音するとなる建物の構造も重要です。防音工事をするにあたって考えないといけないのが重さです。木造ともなると防音室は一階に設置するのが理想となります。
一般的な防音室は建物の中に防音層を1層作り、そこを防音室にする方法ですが、ドラムの場合はそこにもう一つ防音層を増やし作ることがほとんどです。

http://www.drumbouon.com/

最新のテレビ局の音響施設でも100%の防音は無理で、人の耳に聞こえない程度の範囲でしかありません。まして一般の住宅となるとコストの面でもほぼ不可能です。
また専門施設は壁の厚さも全くちがうので、同等の防音性能をえる事は非常に難しくなります。一番重要なことはすべて業者にまかせずに、ご希望、ご要望等を含め詳細に打ち合わせすることが成功の鍵となってきます。